避妊に非協力的な彼氏

自分を守るためピルを服用しました。

私が低用量ピルを飲み始めてもう3年が経ちます。

 

初めて低用量ピルを飲んだ時には多少吐き気の副作用に悩まされましたが、今では全く平気で、ピルのおかげで快適な生活を送っております。

 

そもそも、低用量ピルを服用したきっかけは避妊に非協力的な彼氏でした。

 

最初は彼に文句を口にしたり、ケンカになったりしたのですが、彼は子供が大好きで、子どもが出来たら結婚したらいいの1点張りでした。

 

私はと言うと、いずれ結婚出来たらいいな、とは思っていましたが、親が固い事もあり、出来るなら順序を守りたい。

 

妊娠は結婚の後にしたいという願いがありました。

 

そこで最初に近所の産婦人科を訪れました。

 

インターネット等で検索をしてみて、低用量ピルは簡単に処方してもらえると知ったからです。

 

避妊フィルムなどのアイテムもあるみたいですが、避妊フィルムは使い方が難しそうですし、何せピルなら彼氏に気付かれる心配がありません。

 

お互いにモヤモヤを抱えない為にも最良の方法だと思いました。

 

先生に早速相談すると、少し面倒くさそうではありましたがその日にピルを処方をしてくれました。

 

薬局に向かう時には正直ドキドキしました。

 

薬剤師さんにピルを服用する理由を聞かれるのが怖かったのです。

 

調剤薬局に入り、若い薬剤師さんの前に座ると

 

「旅行か何かですか?」

 

と聞かれたので、少し俯きながら

 

「そうじゃないんですけど、まだ妊娠したくなくて……」

 

と小さな声で呟いた私に、

 

「はい、分かりました」

 

と優しく告げて、初めてのピルを持ってきてくれました。

 

処方されたのは 「トリキュラー28」でした。

 

時期に合わせたカラフルな錠剤がとっても可愛くてびっくりしたのを覚えています。

 

ピルの飲み忘れが無いよう工夫されたパッケージは一目で好きになってしまいました。

 

ピルのおかげでデートに対する不安が消え、自分の気持ちも優しくなったように感じます。

 

ピルを使用して本当に良かったと思います。