生理不順 不正出血 ピル

生理不順と不正出血の治療でピルを服用しました。

今から二年ほど前、ひどい生理不順で不正出血が続き、産婦人科を受診しました。

 

ガン検診などもしていただき、基礎体温なども記録し提出した結果、どうやら私は卵胞の数が多く、生理不順になりやすい体質であることが分かりました。

 

不正出血の期間ももう長くなっていたので、いわゆるピルを処方していただき、身体のリズムを整えていくことになりました。

 

避妊薬としてピルを使うことは当然ながら知っていましたが、生理不順の時にも使われることがあるということを、初めて知りました。

 

処方されたのは一週間分のピル。

 

ピルを服用して3日もしないうちに不正出血は止まり、飲み終わればまた生理が来て、一週間くらいで生理が終わり、身体がそのリズムを整える、と説明されました。

 

お医者さまの仰る通りすぐに不正出血は止み、一週間飲み終わると生理が来ました。

 

それは良かったのですが、お医者さまに、副作用でホルモンの影響が様々出てくるかもしれない、とは言われていたのですが、まさかあそこまで辛いとは思いませんでした。
私が悩まされたのは、気分の落ち込みやイライラなど精神的なものと、身体の異様なだるさでした。

 

座り仕事なのに座っているのも辛く、通勤も近くだったのにちょっと歩くのがすごく辛かったです。

 

ピルを飲み終わってしばらくするとその副作用の症状は収まりました。

 

避妊はピルが一番確実だ、と思っていた私も、こんなに辛い思いが毎日のように続くなら、避妊薬としてピルを飲むのは、私にはとてもできないだろうと思いました。
副作用も昔ほどではないと聞いていながらピルに手を出していなかった私ですが、避妊薬として使う前に、私には合わない可能性があることが分かって良かったです。

 

また、ピルにも色々種類があるらしいので、完全に使う事を諦める必要は無いらしいということも分かりました。

 

とても勉強になる体験でした。