トリキュラー 服用

トリキュラーの初めての服用した時の体験談

私が低容量ピルを最初に飲んだのは、20歳くらいの時です。

 

低用量ピルを服用した目的

 

生理痛がとてもひどかったことと、避妊が目的でした。

 

当時、今ほどピルの情報があまり無く、インターネットで、低容量ピルを処方しますとホームページに記載されていた婦人科を見つけ、病院へ行きました。

 

低容量ピルの処方は簡単な問診と血液検査だけ

 

生まれて始めての婦人科です。

 

受付を済ませ、内診もされるのだろうかとドキドキしながら、待合室で待っていました。

 

名前を呼ばれ、診察室へ入りました。

 

タバコは吸うか、何か薬を飲んでいないかなどの簡単な問診と血液検査だけで、

 

あとは低容量ピルの説明を受けて終わりました。

 

その時処方されたのは、「トリキュラー」という低容量ピルでした。

 

数日後に生理が始まったので、トリキュラーを飲み始めました。

 

トリキュラーの副作用の吐き気などが出る場合がある、と聞いていたのですが、

 

特にトリキュラーの副作用はなく、普段と同じように過ごしました。

 

その後、トリキュラーを半年間ほど飲みました。

 

私の場合、生理痛にはほとんど効果が無かったため、トリキュラーを飲むのをやめてしまいました。

 

ただし、旅行の予定が生理と重なってしまいそうだったことがあり

 

その時は、ピルのおかげで生理日をずらすことができ、助かりました。

 

それからしばらくの間は、ピルを服用していませんでしたが

 

28歳頃、生理不順と生理痛の緩和のため、婦人科の先生からピルの服用を勧められ、

 

再度、低容量ピルを飲むことになりました。

 

以前と同じ、トリキュラーを処方され、飲み始めたのですが

 

ものすごい吐き気に襲われ、吐き気止めを飲んでも辛いほどでした。

 

一日中、胸やけがしているような状態だったのです。

 

あまりにも吐き気がひどく、仕事にも差し支えるため、ピルの服用は3日で断念しました。

 

20歳の頃は、吐き気なんて無かったのですが、体質が変わったのでしょうか。

 

まったく同じピルなのに、不思議です。