低用量ピルの効果

低用量ピルのメリットは生理の安定以外に貧血やニキビの改善がありました。

私はもともと生理不順でした。

 

月々の遅れはそれほど気にしていなかったけど、1か月遅くきて、その次の月に出血が1か月続いた時がありました。

 

将来、妊娠に影響があったら嫌だと思い、その時はさすがに産婦人科に行きました。

 

ピルを呑めば不順を治せるのは知っていました。

 

でも、自分の周りでは呑んでる人は聞いたことがなく、少し不安はありました。

 

診察の異常は特になかったのですが、それをきっかけにピルを呑みはじめました。

 

目的は生理の安定でしたが、避妊もでき、貧血やニキビの改善などメリットはたくさんあります。

 

しかし、ピルにはデメリットもあります。

 

保険適用ではないから費用が1カ月2000円ほどかかりました。

 

初めの2.3カ月くらいはピルの副作用があり、私は気持ち悪さが1か月ほど続きました。

 

でも、いつの間にかなくなる程度です。

 

毎日、ピルを呑み続けなくてはいけないめんどくささもありますが、私は気になりませんでした。

 

生理も毎月きちんとくるし、来る日が目に見えてわかるから予定がたてやすいです。

 

そして、きちんと終わるのでストレスがかなり感じなくなりました。

 

呑んでた時はまだ、子供も望んでなく自分でコントロールできるのはとてもよかったです。

 

4年ほどピルを呑み続け、私もそろそろ子供が欲しいなと思う時が来ました。

 

呑むのをやめて、なんとすぐに子供を授かることができました。

 

呑んでいる時といない時の妊娠の可能性は変わりませんでした。

 

ピルを使用することでよいことはたくさんあるのを自分は身をもって知りました。

 

なのでもっとたくさんの人にピルのメリットを知ってもらいたいです。